BfitSoft:インストール



BfitSoftはWindows/Linux クライアント/サーバ環境で動作するソフトウエアです. 新規導入時の新規セッティング, バージョンアップが必要です. ライブラリを利用した自動配布により最新化されます. USBなどリムーバブルディスクへのインストールもできます.
環境設定
BfitSoftダウンロード

履歴 .

2013/1 InterBase記述追加 V2.5.38
2011/6 インストーラ改善に伴う修正 V2.5.28
2009/5 初版公開

新規セッティング .

  • 新規導入時は事前にサーバへのデータベースエンジンFirebird/InterBaseをインストールします..
  • BfitSoftをダウンロードします.
  • マスタ版をマスタPCへインストールします. ネットワークなど環境設定します.
  • インストール後, 最新ソフトはシステムデータベースに自動登録されます.
  • クライアント版をインストールします. ネットワークなど環境設定します.
  • インストール後, 利用するソフトがシステムデータベースより最新化されます.

BfitSoftインストール時にFirebirdV2.5向けfbclient.dllのインストール選択ができます.
FirebirdV2.5環境以外の場合、

  • "Firebirdクライアントインストール"のチェックOFFしてください.
  • 事前に環境にあわせたシステム/サンプルデータベースをダウンロードしてください.
  • インストール後、<Install>\Databaseフォルダにコピーして環境設定してください.

  • スタンドアロン環境でご利用の際は、マスタ版のみインストールします.
  • 定義ツール版は, ツール内でデータベース設定します. 環境設定は必要ありません.

マスタPC 新規セッティング
  1. ダウンロードしたマスタPC用セットアッププログラムをインストールします.
  2. インストール完了でメニューが起動されます.
  3. 初回起動時は以下メッセージに[はい]応答後、環境設定画面が表示されます.
  4. 自動保守モードの場合は, システムのバージョン管理が有効になります. 
    スタンドアロン環境などで不要の場合は動作環境: 保守モードを手動保守に変更してください. 
    詳細は, 環境設定を参照ください. 

  5. サーバのIPアドレス/ユーザ/パスワードを指定します. 副サーバは利用時のみ指定します. [確認]でネットワーク接続の確認ができます. 標準ポート(3050)以外の場合は、ネットワーク欄にポート番号を指定してください. 以下Firebird/InterBase設定例です.
  6. Firebird環境では、モジュール:fbclient.dll を確認してください.
    Embedded環境では, ネットワーク:ブランク, プロトコル:Localを指定してください.


    InterBase環境では、モジュール:gds32.dll を確認してください. 
    混在環境などで自動検出されない場合は、変更/[保存]で終了後、メニュー再起動してください.  

  7. システムデータベースを確認します. [確認]でデータベース接続の確認ができます.
  8. InterBase環境では、システムデータベース: SYSVXE.ib(XE版)を指定します.

  9. ユーザデータベースを確認します. [確認]でデータベース接続の確認ができます.
  10. InterBase環境では、サンプルデータベース: SAVXE.ib(XE版)を指定します.

  11. 環境設定終了後, 配布ライブラリ新規作成のメッセージに[はい]応答後, ライブラリを最新化します. 30秒程度でライブラリが最新化されます.
  12. 以下メッセージを確認し[OK]応答によりセッティング終了です.

クライアントPC 新規セッティング

上記マスタPCで動作確認後にセッティングします.

  1. ダウンロードしたクライアントPC用セットアッププログラムをインストールします.
  2. インストール完了でメニューが起動されます.
  3. 以下メッセージに[はい]応答後、環境設定画面が表示されます.

  4. 主/副サーバのIPアドレスを指定します. 副サーバは利用時のみ指定します.
  5. システムデータベースを確認します. データベース名は標準設定されます.
  6. 動作環境を確認します. 以下が標準設定です.
  7. 環境設定終了後, システム最新化続行のメッセージに[はい]応答後、システムを最新化します. ( 30秒程度でシステムが最新化されます )
  8. 以下メッセージを確認し[OK]応答によりセッティング終了です.

  • システム最新化でバージョン設定されます.
  • クライアントはDBダイレクトモードで初期設定されます.
  • メニュー環境設定 からもライブラリ保守できます.

バージョンアップ .

  • バージョンアップ版をダウンロードします.
  • マスタPCにインストールします.
  • インストール後, 最新ソフトはシステムデータベースに自動登録されます.
  • クライアントPCはメニュー起動により利用するソフトが自動最新化されます.
マスタPC バージョンアップ
  1. BfitSoftをすべて終了します.
  2. ダウンロードしたバージョンアップ版をマスタPCへインストールします.
  3. インストール完了でメニュー起動されます
  4. 以下のメッセージに[はい]応答後, ライブラリを最新化します.( 数秒でライブラリが最新化されます )

  5. 以下メッセージを確認し[OK]応答によりバージョンアップ終了です.
  6. その後, 各クライアントPCのメニュー起動によりソフトウエアが自動最新化されます.

クライアントPCバージョンアップ

上記マスタPCで動作確認後, バージョンアップします.

  1. メニュー起動によりバージョンアップが自動検出されます.
  2. 以下メッセージを確認し[はい]応答によりバージョンアップ開始します. ( 数秒でシステムが最新化されます )
  3. 以下メッセージを確認し[OK]応答によりバージョンアップ終了です.

USBセッティング .

マスタPCよりUSBなどリムーバブルディスクへのインストールもできます. 直結モードが設定されます.

USBメモリへのインストール
  1. マスタPC内メニューより「USBメモリシステムの作成」を選択します.
  2. USBを装着, ドライブ/フォルダ指定します.

  3. [OK]でUSBに作成されます.

メニューの起動
  1. 利用するクライアントPCでUSB装着時に以下の画面が表示されます.

  2. 選択後、メニューが起動されます. 自動バージョンアップチェックされます.

  • セキュリティ面を考慮した管理者向け/緊急用などの限定した利用を想定しています.
  • アンインストールは作成したフォルダ以下を削除してください.
  • USBにAutorun.infファイルがすでに存在する場合はメッセージが表示されます. メッセージを確認し手作業で修正が必要です.